投資のヒント

お金持ちになる方法 お金持ちに共通している3つのポイントとは?

お金持ちになるためには、普段の行動や意識から変えていかなくてはいけません。

なぜなら、一気にお金持ちになれる可能性は極めて低く、自分が行動を起こしていかなくてはいけないからです。

私は学生投資家としてTwitterブログでお金・投資に関する情報を発信しています。

その中で、お金に困らない人生を送るためにはどうすればいいのかを普段から考えています。

多くの投資家や資産家を見ていると共通していることがいくつもあることに気が付きました。

  • 収入源を複数持っている
  • 自分の支出には厳しいが、他の人のためにはお金を使う
  • 時間単価を考えて行動している

他にも多くの共通点があります。

今回はその中でも特に大切だなと思う点を3つ紹介します。

お金持ちになる方法 3つのポイントとは?

資産家、起業家といったお金持ちはそれぞれがビジネスで成功を収めており、一般人からすると羨ましいような生活を送っています。

私もお金持ちになりたいと思い、様々な本で情報を集めていました。

すると、お金持ちには共通することがいくつかあるということに気が付きました。

  1. 価値基準で物事を考えている
  2. 自己投資にお金を使っている
  3. 資産収入を増やしている

この3つはお金持ちになるためには絶対に必要だと思うポイントです。

では、順番に解説していきます。

お金持ちは価値基準で物事を考えている

多くのお金持ちは、お金を使う時に物の値段ではなく価値で判断しています。

お金は使わなければ、資産となってお金持ちに近づくことが出来ますが、お金を使わなくては生活していくことが出来ません。

お金を使うのであれば、なるべくコスパがいいものに使いたいと思うのは当然です。

お金持ちは払ったお金以上の価値を得られるもの、もしくは見えない価値が得られるものにお金を使っています。

例えば、新幹線のグリーン車は価値基準のわかりやすい例です。

新幹線のグリーン席は自由席の1.5倍~2倍の値段がしますが、お金持ちは自由席ではなく、グリーン車を使う方が多いです。

学生の私からするとグリーン車は贅沢なものという印象がありましたが、快適な移動手段を確保することでその間に仕事をしたり、疲れをとることが出来ます。

新幹線を移動手段として考えている人からすると、グリーン席は贅沢なように感じますが、グリーン席の価値を理解しているお金持ちはその付加価値にお金を使っています。

お金持ちは自己投資にお金を使っている

お金持ちな人ほど自己投資にお金を使っているということは、昔から言われていることです。

健康や時間、運動といった、当たり前であるがゆえに実行が難しいことを日ごろから実践しています

  • 健康的な食事をとる
  • 自分の時間単価を考えて行動する
  • 週3回以上運動する

こういった生活習慣を整えることは、健康維持のために必要です。

なぜ、お金持ちが健康に気を使っているかというと

自分の人生における健康や時間の価値を知っているからです

人生は限られた時間なので、お金持ちは健康や自分の時間にお金を使っています。

また、健康だけでなく、ビジネスや日常生活における自己投資も行っています。

  • 知識
  • スキル
  • 経験

これらのことを若いうちから将来に向けて身に着けておくことも大切です。

特に、大学生や20代は今のうちから多くのことを経験して、知識を得ておくと大きなリターンとなって帰ってきます。

なぜなら、定年が近い年代の人と比べると、時間に余裕があり、将来の選択肢が増えるからです。

お金持ちほど本を読んでいる

読書は自己投資として特に有効な手段です。

なぜなら、数千円であらゆる分野の専門知識や作者が生涯をかけて伝えたかったことが学べるので非常にコスパのいい自己投資になるからです。

ビル・ゲイツウォーレン・バフェット柳井正というような資産家が大量の本を読んでいるのは有名です。

書店で面白そうな本を探して、買ってみるのもいいですし、図書館やブックオフなどで安く本を読むこともできます。

お金持ちは資産収入を増やしている

お金持ちは自分が働かなくてもお金を稼いでくれる資産を増やしています。

私たちの収入源は、自分で働いてお金を稼ぐ労働収入資産がお金を稼ぐ資産収入の2つに分けることが出来ます。

会社員アルバイトといった多くの人は自分の時間を使ってお金を稼いでいます。

一方、お金持ちの人は多くの資産を所有しており、そこから収入を得ています。

そして、その資産が生み出した利益で他の資産を購入することでお金持ちになっていくのです。

では、一般人がお金持ちのように投資にお金を使っていくためにはどうすればいいのか?

それは、資産と負債の違いを理解することです。

資産と聞くとマイホームや車を想像する方もいると思います。

ですが、家や車は資産ではなく、負債です

金持ちは資産を手に入れる。

中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと想いこむ

『金持ち父さん貧乏父さん』

お金持ちは資産と負債の違いをしっかりと理解しています。

一般人が宝くじで大金を手に入れても、数年後にはすべて無くなっているという話を聞きますが、その原因は資産と負債の違いを理解していないことです。

この違いを理解するだけで、賢いお金の使い方が出来るようになります。

お金持ちになるための知識 負債とは?

負債とは、持っているだけでお金が出ていくものです。

例えば、車、家、保険などが負債に該当します。

日本人の多くは、マイホームや車を資産だと勘違いして新築の戸建てや新車に20年、30年のローンを組みます。

もちろん、家や車は生活に必要なものですし、人それぞれの価値観があるので、マイホームやマイカーを一概に否定はしません。

ですが、税金や維持管理費と言ったお金がかかることも考えなくてはなりません。

何十年にもわたって、所有者のお金を奪っていくものであることを覚えておかなくてはいけません。

家や車は、ローンで購入すれば毎月支払いがあります。

その他にも、ガソリンや税金、保険料、車検など、所有しているだけでどんどんお金が出ていくことになるのです。

家や車といった負債は、資産価値があるように見えても、お金を生み出すことはありません。

負債は所有しているとお金が無くなっていくもの(家、車、保険)

お金持ちになるための知識 資産とは?

一方、資産とは持っているとお金を生み出してくれるものです。

例えば、株や債券、不動産などが当てはまります。

株や債券は利子や配当を生み出してくれます。

また、不動産は人に貸すことで家賃収入を得ることが出来ます。

ここで大切なことは、お金がお金を稼いでくるという事です。

資産を増やしていくことで自動的にお金が増えていきます。

そのため、お金持ちになるためには労働収入ではなく、資産収入を得ることが大切になります。

資産収入とは?
  • 株や債券→配当
  • 不動産→家賃収入
  • ブログやサイト→広告収入
  • 権利収入→印税

お金持ちは資産を増やして資産家になる

資産と負債の違いは、持っているとお金を増やすか減らしていくかという点です。

  • 社会人になったらローンを組んでマイホームを買う
  • 車は新車で購入して、古くなったら買い替える
  • 保険は加入しておくべき

これらの考え方は、当たり前のように受け入れられていますがどれも負債を手に入れる手助けとなっています。

お金持ちになるためには、お金の知識を身に着けることが大切です。

自分で判断できるようになれば、無駄なお金を使うことなく、資産を増やしていくことが出来ます。

まとめ お金持ちになるためのポイントは3つ

お金持ちになるために身に着けたいポイントは3つです。

  1. 価値基準で物事を考えている
  2. 自己投資にお金を使っている
  3. 資産収入を増やしている

普段の生活からお金持ちになるためのポイントを意識していくと、生活が大きく変わっていきます。

  • 自分の時間を無駄にしていないか
  • テレビやスマホで時間を浪費していないか
  • 月々の支払いに追われていないか
  • コンビニで無駄なものを買っていないか

お金持ちになるためにはお金に対する意識を変えていくことから始まります。

まずは普段の生活の中で無駄な浪費をしていないかを確かめていきましょう

ではまた!

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから