株式投資

オリックスはなぜ高配当投資で人気があるのか? 配当金&株主優待

オリックスといえば高配当&豪華な株主優待で人気の株です。

先日、株価が大きく下がったので購入しました。

オリックスはJT、三菱商事、KDDIなどと並ぶ日本株高配当銘柄です。

では、なぜオリックスが高配当株として人気なのかを書いていきます。

オリックスはなぜ高配当投資で人気があるのか?

高配当投資の候補として有力なオリックス。

連続増配や営業成績の優秀さなどにより、配当金投資を行う投資家たちから人気の株です。

オリックスが配当金を目的とした長期投資で人気の理由は4つあります。

  1. 9期連続増配という実績
  2. リーマンショック時にも黒字
  3. リースを中心に多様なビジネスを展開
  4. 豪華な株主優待制度

では、1つずつ見ていきたいと思います。

オリックスは9期連続増配の高配当株

高配当投資でチェックしたいポイントの一つに過去の配当金の実績があります。

配当金目的で投資をしているのに、配当金が減額、もしくは打ち切りになってしまっては元も子もありません。

そのため、過去に配当金がしっかり支払われているかという点や、企業は株主還元についてどういった方針を取っているのかが重要になってきます。

現在、オリックスは9期連続増配を行っています。

参考:オリックス

リーマンショック時には配当が減額されたようですが、その後の景気回復に合わせて徐々に増配を行っています。

配当性向も着実に伸びてきており、2019年は配当性向30%になる予想です

現在の株価が1,500円前後なので、税引き後の配当利回りは約4%とかなり高い数字となっています。

リーマンショック時も黒字計上したオリックスは長期保有したい株

オリックスは設立初年度を除き、54年間黒字を出している企業です

リーマンショック時には、かなり落ち込みましたが、それでも赤字にはなっていません。

不況時にも利益を出していける企業というのは長期投資にもってこいの銘柄になります。

出典:オリックス

現在は9期連続増益&4期連続過去最高益更新と飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けています。

オリックスは多角化したビジネスで長期で保有したい配当株

オリックスのは国内トップのリース会社で、日本だけでなく、世界37カ国でも事業を展開しています。

オリックスというと、野球のオリックスバファローズやオリックスレンタカーのイメージが強いと思いますが、それらは事業の一部でしかありません。

本業は総合リースですが、不動産、金融、観光ビジネスなどにも力を入れています。

オリックスの事業は6つのセグメントに分かれています。

  • 法人金融サービス (金融、各種手数料ビジネス)
  • メンテナンスリース (自動車リース・レンタカー・カーシェアリング、電子計測器・IT関連機器などのレンタルおよびリース)
  • 不動産 (不動産開発・賃貸・管理、施設運営、不動産の資産運用)
  • 事業投資 (環境エネルギー、企業投資、コンセッション)
  • リテール (生命保険、銀行、カードローン)
  • 海外 (アセットマネジメント、航空機・船舶関連、企業投資、金融)

6つのセグメントの中でも『不動産』『リテール』『不動産』の利益が大きいです。

配当金だけじゃなく株主優待も魅力的なオリックス

オリックスに投資をするメリットとして配当金以外にも豪華な株主優待制度があります

株主優待は『ふるさと優待』『株主カード』の2つが実施されています。

『ふるさと優待』は、オリックスグループの全国の取引先が取り扱う商品から欲しいものを選ぶことが出来るカタログギフトのようなものです。

100株以上からもらうことが出来ますが、3年以上保有していると優待の内容がグレードアップします。

伊勢海老のお刺身や

鰻のかば焼きなどがもらえることもあります。

投資額に対して優待が豪華すぎる気がします。

オリックスの株主カードは優待価格でサービスを利用できる

もう1つの『株主カード』はオリックスが提供するサービスを割引価格で利用することが出来ます。

  • ホテル・温泉旅館が優待価格
  • オリックス野球クラブ 2019シーズン公式戦ホームゲームの当日券が優待価格
  • オリックスレンタカー30%OFF
  • 京都水族館・すみだ水族館・新江ノ島水族館10%OFF

このように様々なところで優待が利用できます。

特にオリックスレンタカーの割引は大きいですね。

沖縄・北海道ではハイシーズン以外は50%OFFで利用することができるようです。

公式:オリックス 株主優待

まとめ オリックスは高配当で株主優待が豪華

高配当投資をしていくためには長期にわたって安定した利益を生んでくれる企業に投資をしなくてはいけません

オリックスは54年間黒字、リーマンショック時にも赤字になっていないという長期投資家にとって魅力的な企業です。

配当金も9期連続増配、配当利回り3~4%と高水準になっています。

さらに、株主優待でもらえる商品も豪華なものばかりで、投資額に対してリターンが優秀すぎるのではないかと思ってしまうほどです。

日本株は高配当向けの株が少ないですが、オリックスは長期でホールドしておきたいと思います。

ではまた!

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。