お金の知識

不動産投資の魅力とは? 家賃収入で不労所得を手に入れる 

どうもRENです!

今回は不動産投資の魅力について書いていきます。

 

自由な時間を確保するためには安定した収入源が必要です。

多くの方が給与所得によって生計を立てていますが、終身雇用が危ぶまれる今では一つの収入源に依存していてはリスクが大きくなります。

そのため、複数の収入源を確保して安定した経済基盤を確保が必要です。

副業や資産運用は比較的簡単に始めやすく、多くの方が行っています。

また、その他で候補に上がるものが不動産投資です。

不動産投資とは、マンション・アパート・戸建のような不動産を所有し、賃貸をして家賃収入を得るというものです。

不動産投資は知識と資金が必要となるため、なかなか参入しにくい分野です。

ですが、安定性・キャッシュ力では非常に魅力的な収入源になります

不動産賃貸業の魅力
  • 資産価値がゼロにはならない
  • 他人のお金で資産を手にすることが出来る
  • 自分次第で収益を上げることが出来る
  • 収入源として自動化することが出来る

では、具体的に不動産投資の魅力について述べていきます

不動産賃貸業という事業

そもそも不動産投資は不動産貸付業という事業になります。

その内容は購入した不動産を賃貸して、家賃収入を得るものですが、株や投資信託と違って経営的な判断が必要になります。

不動産投資というと、『REIT』がありますが、これは商業・オフィスビルなどの不動産に投資をする投資信託になるので、不動産賃貸業とは異なります。

不動産は価値がゼロにならない

不動産投資では、不動産を購入し家賃収入を得ることが基本となります

不動産は建物や土地自体に資産価値があるため、価値がゼロになるという事はありません

ここが、株式投資との大きな違いです。

株はその会社の価値が株価に反映されています。

そのため、会社が倒産すると株の価値がゼロになってしまいます。

一方、不動産であれば建物が災害で無くなったとしても土地が残ります。

土地は一定の価値を持っている為、どれほど地価が下落したとしてもその価値がゼロになることはありまでせん。

不動産投資は数百万円という資金が必要ですが、最悪の状況を想定した時にリスクが比較的小さいという魅力もあります。

融資を受けることでレバレッジがきく

不動産賃貸業を始めるには数百万~数千万円の資金が必要になります。

ですが、大半の人がこのような大金をポンと出すことは難しいので、全額を自己資金から出せない場合には銀行から融資を受けることになります

融資を受けるというとマイナスイメージを持つかもしれませんが、実は銀行からお金を借りれるという事が不動産投資の一番の魅力です

なぜなら、他の人のお金を使って不動産を手に入れることが出来るからです。

仮に、株式投資のために銀行に融資をお願いしたとしても絶対にお金を貸してはくれません。

ですが不動産投資の場合、土地や建物、借りる人の信用を担保にローンを組むことが出来ます。

これは、先ほども述べたように、不動産投資は不動産賃貸業とみなされるからです。

銀行側は、貸した相手が返済できなくなったとしても土地や建物を差し押さえることが出来るので、融資をしてくれます。

ローンにはいくつかの種類がありますが、不動産価格の全額を融資してもらえれば、自己資金ゼロで不動産を手にすることが出来ます。

  • フルローン…物件価格をすべて融資してもらう
  • オーバーローン…物件価格以外に税金や諸経費込で融資してもらう

このようにして、不動産を手に入れ、家賃収入で返済と諸経費を支払っていきます。

返済には家賃収入を充てていくため、ローンの返済が終わると自分の不動産が残ります。

これが、不動産投資の大きな魅力です。

自己資金はリスクが高くなる

また、全額自己資金で購入してしまうと、いざという時の資金が不足するというリスクがあります。

全額自己資金で不動産を取得するリスク
  • 自己資金1000万で購入→残りは0円
  • 自己資金100万円+融資900万円→残りは900万円

全額を自己資金で購入してしまっては、残りの資金がなくなりいざという時にお金が出せなくなってしまいます。

ですが、ローンを使って物件を購入することで自己資金の割合を減らし、資金に余裕を持たせることが出来ます

自分の手で不動産の価値を上げることが出来る

不動産投資は自分でその価値を高めて、魅力的な物件にすることが出来ます。

株や投資信託の価値を上げることは個人では不可能に近いです。

機関投資家や莫大な資産を持つ個人投資家なら可能かもしれませんが…。

それに対して不動産は個人の努力次第で簡単に価値を高めれます。

駅チカ・庭付き・駐車場有りといった立地を変えることは出来ませんが、建物に関しては自由にリフォームを行うことが出来ます

  • 部屋の壁紙を張り替えて、明るい雰囲気にする
  • ユニットバスを取り換える
  • 外装を塗り直して、オシャレな外観にする

こういった工夫で物件の魅力を高めて、入居者を増やせます。

不労所得として自動運営が出来る

これまで述べてきたように、不動産の運営はやることがたくさんあります。

ですが、細かい作業は専門業者に任せることで、事業を自動化することが出来ます

家賃回収や入居者募集といった物件管理は管理会社、入居者が退去する時のリフォームや古くなった箇所の交換はリフォーム業者という風に任せることが出来ます。

不動産投資は、比較的安定した資産運用ができるのがメリットです。

入居者がいれば毎月安定して賃貸収入が得られ、株式のように価格変動を気にする必要もありません。

まとめ 大学生のうちに知識を身につけたい

不動産投資はとても魅力的で、再現性のある事業です。

もちろんリスクもありますが、大きなリターンを生んでくれます。

リスクをしっかりと認識し、そのうえで判断していく点は資産運用と変わりません。

大切なのは正しい知識を身に着けて行動することです。

まだまだ、勉強を始めたばかりですが不動産投資は将来的に挑戦していきたいと思います。

ではまた!

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。