インデックス投資

投資信託はいくらから出来る? 個人投資家たちのリアルな投資額

先日、Twitterで投資に関するアンケートをさせていただきました。

回答者は普段から資産運用・投資・節約を行っている投資クラスタの方々です。

公のデータにも資産運用に関するアンケートがありますが、母数の大半は全く投資を行っていない人々になります

そこで、普段から息をするようにお金のことを考えている(ほめ言葉です笑)個人投資家の方々にアンケートをしてみました。

すると、予想以上の方に参加していただき、とても面白い結果になりました。

参加していただいたTwitter投資クラスタの皆様、ありがとうございました。

個人投資家の方々は毎月いくら投資をしているのか?

Twitterで行ったアンケートは、「毎月、いくら積み立てをしているか?」というものです。

回答していただいた方はなんと1622人!

レン
レン
たくさんの方に参加していただきました!

充分な数のデータが取れたのですが、毎月5万円以上投資されている方が約40%!

予想以上に投資額が大きい人がたくさんいたので、回答が完全に偏ってしまいました。

冷静に考えてみると、投資クラスタを5万円以内でまとめようとした私がバカです…笑

第2回アンケートを実施

もっと詳細なデータがとりたいということで2回目のアンケートを取りました

そして、今度は前回の反省を生かし、積立額をさらに細かくしてアンケートをしました

  • 1万円以下     62人
  • 1万円~5万円   251人
  • 5万円~10万円  201人
  • 10万円~20万円 41人
  • 20万円~30万円 18人
  • 30万円以上    12人 

合計 585人

一番多い回答は、「1万円~5万円」「5万円~10万円」になりました

みなさん、投資額がすさまじいですね…

私は現在、毎月1万円を投資信託にまわしているのですが、まだまだ背中が見えません。

つみたてNISA、iDeCoは人気の投資先

税金優遇の恩恵受けられるつみたてNISAiDeCoを利用している方がほとんどでした。

株式の売買や配当金などの利益に掛る税金は約20%です。

この20%が免除されることでリターンが大きくなります

まあ、投資クラスタの方々には基本中の基本ですね笑

毎月の投資先は投資信託、ETFなどが多い

やはり、投資先としては投資信託やETFが多い印象を受けました

毎月積立で投資をしているという事は、長期投資を行っていることになるので必然的にインデックスファンドの比重が重くなります

長期的に成長してくれる企業やインデックスに投資をするのは、常識になっているようようです

楽天カードで毎月5万円投資

これ、私は知らなかったのですが、楽天証券では楽天カードで投資信託の支払いが出来ます

毎月5万円が限度額となっているのですが、この制度を利用している方も多くいらっしゃいました。

なぜなら、クレジットカード払いになるのでポイントがもらえるからです

楽天カードを利用して投資信託を購入すると、100円につき1ポイントがもらえます

上限が5万円なので、限度額まで毎月積立をすると500円分のポイントがもらえることになります

1年で6000円、10年で60000円のポイントがもらえるので、積極的に利用していきたいですね

投資信託の積み立ては毎月の固定費になるので、ポイントがもらえるのはありがたいです。

まとめ 個人投資家の方々は投資への本気度が違った

今回、簡単な思いつきからアンケートを取りましたが、とても面白い結果となりました

普段からTwitter上で絡まさせていただいている個人投資家の方々が真剣に投資に向き合って、資産形成・資産運用を行っていることを実感しました

現在、貯蓄から投資へとお金の考え方が少しずつ変わっている中で、最前線で個人投資家として活動されている方の実態がわかりました。

これからも、勉強させていただきますのでよろしくお願いします

ではまた!

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから