大学生

大学生にFXをおすすめしない5つの理由 デメリットと注意点を解説

最近、FXの広告をネット上でよく目にするようになり、FXに興味を持つ方もいると思います。

FXは二種類の通貨を売買して利益を得る投資法ですが、実際はかなり難しい取引です。

  • FXで数千万円儲けたという話を聞くけど、実際どうなの?
  • FXは簡単に出来るって本当?
  • FXを友人に勧められたけど、安全なの?

私もお金を簡単に稼ぎたいという気持ちから、FXの勉強をしていた時期がありました。

最終的に、FXはギャンブル性の高い投資(投機)であることに気がつき、今では全く手を出していません。

この記事では大学生だけでなく、すべての人にFXをおすすめしない理由について書いていきます。

また、記事の後半ではFXをおすすめしている人が多い理由についても書いていきます。

大学生にFXをおすすめしない3つの理由

私がFXをおすすめしない理由は5つあります

  • 「FXで簡単に稼げる」は間違い
  • 投資ではなく、ギャンブルに近い
  • 資産性がないので何も生み出さない
  • 新しい価値を生み出すものではない
  • FXは不労所得にならない

投資のイメージを悪くしている原因の一つと言ってもいいFXですが、個人的にはまったくおすすめしていません。

FXはギャンブル性の高い投資(投機)であり、初心者だけでなく経験者であっても負けてしまうことがほとんどです。

では、具体的にFXをおすすめしない理由を解説していきます

『大学生でもFXで簡単に稼げる』は間違い

「FXで簡単に稼げる」ということはありえません。

様々なサイトで「FXは勉強すれば簡単に稼げる」と言われていますが、FXで勝てる人は運がいい人か、本物の天才だけです。

そもそも、楽して簡単に稼げるのであれば多くの人が実践しているはずです。

大学生が小遣い稼ぎで手を出しても負けるだけです

FXは投資ではなく、ギャンブルに近い

FXは基本的にギャンブル性が高いものです。

勉強すれば勝てるようになるという意見もありますが、FXの本質は馬やパチンコと同じです。

もちろん勝てなくはないのですが、不確定要素が多く、勝つか負けるかの二択になります。

確実性のないものに大学生の貴重な時間を使うのではなく、専門分野の勉強やお金の勉強をするべきです。

FXは新しい価値を生み出すものではない

株式や国債への投資は、企業や国にお金を貸します。

そして企業などは、投資された資本をもとに新規事業などを行い、その利益を受けとります。

一方、FXは保有している通貨の値動きを予想して、当たったら利益が出るというもので、新しく何かを生み出しているわけではありません。

FXは不労所得にはならない

FXを不労所得と考えている方もいますが、これも間違いです。

一般的に不労所得と考えられているものは、資産収入や権利収入の事です

  • 配当金
  • 家賃収入
  • 印税
  • ブログ収入

これらの収入源は、所有者本人が普段の生活を送っているだけでもお金が入ってきます。

FXは、チャートに張り付いている必要があるため不労所得にはなりません。

また、FXの自動売買などもありますが、完璧なシステムがあれば開発者が独占しているはずです。

FXの自動売買ソフトは販売利益が主な収入源になるので、売られています

簡単に儲けられるように見えますが、こういった背景を知らないため、詐欺の被害に合う大学生が後を絶ちません。

大学生にFXをおススメする人の意見は正しいのか?

『FX』について調べてみると、FXをおすすめしているサイトが多くあります。

そのサイトではFXをおすすめする理由についていくつかの例が挙げられていますが、FXをオススメする理由が本当に正しいのかについて解説していきます。

大学生がFXをすると、経済の知識が身につく

FXを実際にやっていたり、勉強をしてたりすると経済の知識や国際情勢に詳しくなるのは確かです。

ですが、経済や国際情勢の知識をFXで身につける必要性が全く感じられません。

本当に金融の知識や経済情報を知りたいのであれば、FXよりも経済新聞を読んだ方が多くの知識が得られます。

FXは大学生でも平等に稼げるチャンスがある

  • 誰でも稼ぐチャンスがある
  • しっかり勉強すれば勝てるようになる
  • FXで失敗するのは勉強不足

FXは学生、主婦、サラリーマンなど、どんな人でも始めることが出来ます。

始めるのは簡単ですが、勝ち続けるのは非常に困難です。

実際、FXで何十年と勝ち続けている人を聞いたことがありません。

FXはデモトレードで練習が出来るから安心

デモトレードで感覚がつかめたからと言って、リスクが小さくなるわけではありません。

何事も実際に経験して、感覚をつかむことは大切ですが、実際にお金をかけて取引をすると冷静な判断は難しくなります。

デモトレードでFXの感覚を知ることは大切かもしれませんが、実際の取引はかなり困難です。

大学生のFXは就活に有利

日本はFXだけでなく、「投資」に対してのイメージがいまだに悪いです。

確かに、経済や金融の知識がある人は就活に有利になるかもしれませんが、FXをしていると言っても怪しまれるだけです。

面接で「FXをしています」と言ったとしても、投資の知識がない人からすればFXは怪しいギャンブルと思われます。

さらに、投資やお金の知識がある人からすると、FXはただのギャンブルというマイナスイメージを持たれる危険性もあります。

実際にまともな株式投資をしているという話をするだけでも、嫌な顔をされる場合があるので、就活で有利になりたいなら、FXではなくボランティアや資格取得をした方が有利になる可能性が高いです。

FXをすると収入源が増える

FXで勝つことが出来れば、バイトや給料以外の収入源になります。

ですが、先ほども述べたように勝ち続けることが出来るのはごく一部の天才です。

また、FXは生産性が無いので(FXアフィリエイト以外では)収入源として考えるのは危険です。

長期間稼ぐことが出来ず、安定した収入源にならないFXを副業にするのはおすすめできません。

本業の収入以外に副業としてなにかをしたいのであれば、ブロやせどりといった簡単なものから始めるべきです。

なぜ、大学生にFXがおススメされているのか

そもそも、なぜFXがこれほどにまで広まっているかというとFXのアフィリエイト報酬が高額だからです。

アフィリエイトとは、サイト上で商品を宣伝し、その商品が購入されると報酬が支払われる仕組みの事です。

FXは実際に取引で儲けるよりも紹介料で利益を出す方が簡単です。

FXは一部の天才しか勝ち続けることが出来ない世界ですが、FXの口座開設や自動売買ソフトを売ることで利益は簡単に出せます。

そのため、FXをおすすめするサイトが山ほど存在しているのです。

FXを始めた人がFXで失敗しようが、成功しようが売り手は関係なく、企業から報酬を得ることが出来ます。

実際、FXをおススメしているサイトの99.9%が口座開設やトラリピを紹介しています。

まとめ 大学生はFXに手を出すべきではない

簡単に稼げそうだからという理由でFXに手を出すのはとても危険です

FXは投資ではなく、投機でありギャンブル性の高いものだということを知っておいてください。

新しいことを始めようとする行動力は素晴らしいと思いますが、いきなりハードルの高いところに挑まずに、まずはお金の知識を身につけるところから始めてください

ではまた!

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから