インデックス投資

大学生の初心者が投資信託を2年間運用してみた 

大学入学と同時に、投資信託を始めてから2年が経ちました。

若いうちから資産運用について学ぶためには実際に経験するのが一番です。

ですが、初めてお金を使って投資をするとなると不安もいっぱいでした。

  • 本当に本当に続けられるだろうか
  • 損をしたらどうしよう
  • どこに投資をすればいいのだろう

投資先について一か月くらい悩んでましたが、いざ買うとなったら一瞬で終わってしまい、拍子抜けしたことを覚えています

今回は初心者が投資信託をしていく中で、気づいたこと・変化したことを書いていきます

投資信託を始めようとしている人の力になればと思います

大学生投資家の運用実績

2年間も投資信託をしていると、資産がかなり貯まります。

初期の積み立て設定額は月1.5万円でしたので、元本だけで30万円近く貯まっていました。

利回りの部分のもちろん増えているのですが、なによりも毎月天引きでお金が貯められていくのが大きいです

これは、貯金方法にも関わってくるのですが、天引き制度はものすごく有効です。

私も、毎月のアルバイト代から投資信託の分を引いたお金で生活をしていますが、天引き後の収入で生活を送ることができています。

最近、投資信託の見直しを行ったので積立金額や投資先は変わりましたが現在も運用を続けています。

投資経験がほとんどなかった私でも、継続して投資信託をしていくことで少ないですが、まとまった資産をを築くことが出来ました。

二年間の投資信託の成績

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)31,586円 +1,584円
  • eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 28,142円 -859円
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド 122,127円 +13,124円
  • たわらノーロード新興国株式 92,561円   売却済み

                         合計 274,416円

たわらノーロードは+10,000円程で売却したので、現在の成績は+24,000円程になります

投資信託のいいところは放っておいても勝手に資産運用をしてくれることです

どの投資信託を購入するかにもよりますが、日経平均株価やアメリカの経済指数であるS&P500に連動するものであれば、経済成長の恩恵をそのまま受けることが出来ます

大学生から投資信託をするメリット

大学生から投資信託を始めることで、資産を増やすことに成功しています。

しかし、それ以外にも投資信託を始めるメリットはありました。

  • お金について考えるようになる
  • 経済情報が気になった
  • 株の世界に興味を持った

私が投資信託をして変化したことは3つあります。

投資を通じて、大学生の時からお金や資産運用、投資に興味をもつと社会人になった時に非常に役立つスキルとなります。

投資信託を通してお金について考えるようになった

投資信託を通して一番変わったのはお金に対する意識です

私はそこまでお金に関心がありませんでした

  • 毎朝、缶コーヒーを買っていた
  • 部活帰りにコンビニでジュースとお菓子を買って、食べていた
  • 外食に行く回数が多かった

このように、無駄な出費が多かったです

ですが、投資信託を始めることによって家計簿をちゃんとつけて、無駄な出費をなくすようになりました

家計簿も一度習慣化してしまえばあとは流れ作業です

次第に家計管理→節約→投資の流れが作れるようになります。

そして今では、FPの資格を取り、こうしてブログを書くほど『お金』にハマっています

投資をすることで経済情報が気になる

投資信託は初心者向けの投資と言われたいます

なぜなら、面倒な手間がなく、やることが少ないからです。

逆を言えば購入金額を設定すれば自分がすることは無くなります

そのため、自分の購入した投資信託が上がっているのかが気になり、経済のニュースをチェックするようになりました。

  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • S&P500
  • ダウ平均株価

こういった、基本的な株価指数が理解できるようになります

投資信託を通して、株の世界に興味を持った

投資信託をしていると、個別株やREITといった他の投資法の話を聞くようになりました。

投資信託は長期・分散・積立という手法でリスクを抑えた運用が出来ます。

ですが、20歳という若さを考えると勉強のためにも他の投資にもチャレンジしてみようと思いました。

そのため、今では投資信託以外に高配当投資も行っています。

投資をしていく目的は、資産を増やして経済的自由を達成することです

そのため、短期的な投資ではなく長期投資をしていかなくてはなりません

高配当投資はこの条件にピッタリなうえに、投資信託では得られない安定したキャッシュを生み出してくれる利点があります。

このように、投資信託を通して自分のライフプランを考えて、自分に合った資産運用、人生計画を立てられるようになりました。

まとめ 投資信託は良い人生経験になる

投資信託を実際に行って変わったことはたくさんありました。

ですが、一番大きかったものは実際に自分で投資をするという経験でした

投資信託は、私の資産運用の基盤となり、たとえ損をしたとしても学んだことの方が大きいと言えます。

未知の世界に飛び込むのは簡単なことではありません

ですが、何事も経験だと思って実際にやってみることが大切です

今では、月500円から投資信託をすることが出来ます。

さらに、積立NISAやiDeCoといった投資信託をサポートする制度が整えられています

投資信託を実際に始めるかは人それぞれですが、その経験が人生に生かされます

自分のライフプランと相談しながら、資産運用を行ってください

ではまた!

大学生におすすめの投資とは? 株を始めることは出来るのか「大学生で投資を始めたいけど、何から始めればいいかわからない」と悩んでませんか? 私は大学入学と同時に本格的に投資を始めました。...
ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから