プロフィール

投資のための資金はいくら必要なのか? お金のない人でも投資は可能

投資を始めるためにはまとまった資金が必要になります。

「投資を始めたいんだけど、一体いくら貯めればいいの?」と悩む方も多いと思います。

結論から言うと、投資を本格的に始めるのであればまとまった資金が溜まっていなくても大丈夫です。

ある程度の投資資金があった方が効率的に投資をすることが出来ますが、まとまった投資資金が出来るまで投資をしないことはオススメしません

私は学生なのでルバイトと仕送りで生活をしていますが、投資資金のない大学生でも投資をすることが出来ています。

まとまった資金のない学生でも投資をすることが出来るので、社会人として働いている方や主婦の方でも投資をすることは出来ます。

投資のための資金はいくら準備する必要があるのか?

投資をするために必要な資金は、投資法や目標によって大きく変わります。

個別株などを買うのであれば数十万といった資金が必要ですし、配当金で生活をしたいのであれば数千万円~数億円といった資金が必要になります。

株式投資は出資した資金に対して、何%のリターンが得られるかというものなので資金が多ければ多いほど得られるリターンが増えます。

そのため、資金があるに越したことはありませんが、まとまった投資資金が無くても投資を始めることは出来ます。

まとまった資金が無くても投資は始められます

数百万円といった投資資金が無くても投資を始めることが出来ます。

私が投資を始めたのは大学入学直後で、当時から毎月つみたてという形で投資信託を購入しています。

毎月一定額を投資に回す方法であれば、まとまった資金が無くても投資を始めることが出来ます。

生活に変化が出るレベルの投資をするためにはかなりの資金が必要になるので、貯めるにはかなりの時間がかかります。

詳しくはこちらの記事で紹介していますが、仮に毎月1万円の配当金を得ようとすると、400万円もの資金が必要になります。

実際に投資資金を貯めようとするとかなりの金額が必要になるので、資金を貯めるのと同時並行で実際に投資を行っていくと効率的に投資が出来ます。

まとまった投資資金を貯めていては時間を失う

投資資金が溜まるまで投資をしないというのも一つの手ですが、その場合多くの『時間』を失ってしまうことになります。

先ほども触れましたが、毎月1万円の配当金を得るだけでも400万の資金が必要になります。

配当金生活の実現や老後資金の形成が目的であるならば、さらに多くの投資資金が必要となるので、資金を貯めるために何十年という時間がかかってしまいます。

こうなると、投資のリターンに大きく影響する『時間』を浪費してしまうことになります。

投資の中でも長期投資は時間を味方につけて複利で資産を増やしていく方法になります。

そのため、資金力も重要ですが、何より時間をかけて投資をすることが大切になります。

投資資金が無くても投資をする方法

具体的に投資資金がなくても投資をする方法として、つみたて投資SBIネオモバイル証券での投資があります。

どちらも、少額から投資をしようと思っている方向けの投資法・サービスなので自分の投資法によって使い分けることが出来ます。

  • インデックス投資→つみたて投資
  • 個別株・配当金投資→SBIネオモバイル証券

つみたて投資は投資信託などで使われる投資法ですが、毎月数百円からはじめることが出来るので、かなり簡単に投資をすることが出来ます。

私が一番最初に行った投資はつみたて投資だったので、大学生でも無理なく行うことが出来る投資法です。

インデックス投資は基本的に長期で投資をしていくものなので、つみたて投資との相性が良く、資金がない時から初めて、徐々に投資額を増やしていくこともできます。

また、個別株を購入していくのであれば、SBIネオモバイル証券で投資をすることで小額から投資が出来ます。

SBIネオモバイル証券は毎月定額で単元未満株を購入することが出来るサービスなので、投資資金がないけれども、個別株を買ってみたい方や高配当投資を行いたいという方向けの証券口座になっています。

つみたて投資やSBIネオモバイル証券といった仕組みを使うことで投資資金が無くても投資を始めることが出来るようになっています。

投資資金は多い方がいいが、貯めることに時間をかけてはいけない

投資は資金力が強い方が有利になります。

そのため、投資資金を貯めてから投資をしようと考えている方が多いですが、まとまった投資資金が溜まりきるまで待っていては、リターンを得られる機会を失ってしまいます。

そのため、毎月少しずつお金を投資に回していくことで投資資金を貯めつつ、リターンを得ることが出来ます。

毎月の投資資金を捻出するためには節約・貯蓄が必要になるので一石二鳥で資金を貯めていくことが出来ます。

自分の投資目標にあった資産運用を行っていきたいですね。

ではまた!

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから