投資信託

投資信託のリスクについて考える。

どうもRENです!

投資信託について知ってはいるけど、リスクがあるので手が出しづらいと考えている方も多いのではないでしょうか?

リスクをただ避けるのではなく、リスクについて正しい理解を持つことが大切です。

今回は、投資信託のリスクについて書いていきます。

投資信託の代表的なリスク
  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • 金利変動リスク

そもそも『リスク』とは?

リスクとは漠然と損をする可能性と思われがちです

リスク=危険という認識は間違ってはいないのですが、正解ではありません

投資信託における「リスク」は、基準価額が上下に変動する「ブレの大きさ」を意味しています。

リスクとは、損をするというようなマイナス要素ではなく、将来プラスかマイナス、どちらになるかわからないけど、変化することを言います

  • リスク=危険ではない
  • 一般的にリスクが大きければ、リターンも大きくなる
  • 投資信託のリスクは、基準価額が上下に変動する「ブレの大きさ」のこと

リスクとリターンは表裏一体

一般的にリスクとリターンには、リスクが大きいほど期待されるリターンが大きく、リスクが小さいものほど期待されるリターンは小さいという関係があります。

つまり、「ハイリスク・ハイリターン」や「ローリスク・ローリターン」という関係が成り立つのです。

投資信託以外の金融商品もリスクとリターンの相関関係にあります

預貯金はリスクがほとんどない分、利息(リターン)も小さいです。

一方、株式はリスクがある分、値上がり益や配当といったリターンがあります

 

引用:ソニー銀行

つまり、大きな収益を追求するためには、大きなリスクをとる必要があり、リスクが大きいということは大きな損失を覚悟する必要があるのです。

投資信託のリスクはいろいろある。

では、ここから実際に投資信託におけるリスクについて解説していきます。

様々な分類がありますが、今回は投資信託協会』が記載しているリスクを参考にさせていただきました。

投資信託の主なリスク
  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • 金利変動リスク

他にも『カントリーリスク』や『流動性リスク』などがありますが、今回は割愛します。

①価格変動リスク

先ほど説明した『リスク』の本来の意味に関わっているのが価格変動リスクです。

価格変動リスク

投資信託が組み入れている株式や債券の価格が変動する可能性のことです。株価は最終的には市場における需給によって決まりますが、一般的に、国内及び海外の政治・経済情勢、企業の業績等の影響を受けます。

引用:一般社団法人 投資信託協会

価格変動リスクとは、株式や債券の価格が様々な要因によって変動することです

株価は需要と供給のバランスによって決まっています。

ある会社が革新的な技術を開発したというニュースが流れると、その会社の株を買いたい人が増え、株価は上がります。

逆に、何か不祥事があればその会社の株を売りたい人が増え、株価は下がります。

このように、株の人気が高まれば、高い値段でも買われ、人気が下がると、買われなくなるので値段を下げて売ることになるのです。

 

価格変動リスクは投資信託にも影響を与えます。

投資信託は様々な株や債券、ETFを詰め合わせたセットのようなものです。

そのため、投資信託に含まれている株や債券の値段が変化すると投資信託基準価額も変化します。

例えば、日経平均やTOPIXに連動する投資信託であれば、日本の経済の変化によって価格が変化します。

日本の景気が右肩上がりであれば、投資信託の価格も上がり、利益が得られます。

最近ですと、アベノミクスの影響で日経平均が過去最高額を突破しました。

逆に日本経済が低迷しているときは、投資信託の価格が下がってしまいます

  • 価格変動リスクは、経済状況によって時価が変化する株式や債券の影響を受けること。
  • 株や債券の時価が変化するおかげで、投資で利益が得られる。
  • 自分の投資信託に何が含まれているのか、どこに投資するかを判断しなくてはいけない。

②為替変動リスク

為替変動リスクは、文字道理、為替レートの変化によって影響を受けるリスクです。

  • 円高の時に海外旅行に行くと良い
  • 1円円高になると、トヨタの売り上げが数百億円吹っ飛ぶ

為替はこのような話に影響しています。

為替変動リスク

為替レートが変動する可能性のことです。外国通貨建ての資産に投資する投資信託の場合、一般的には円高になれば基準価額にマイナス、円安ならプラスの影響があります。

外国の株式や債券で運用する投資信託には基本的に、為替変動リスクがあります

引用:一般社団法人 投資信託協会

投資の世界では、人気の国や投資先に向かない国というものがあります。

アメリカや欧米、日本と言った先進国は人気の投資先ですが、アフリカや東南アジアなどの発展途上国はあまり人気がありません。

そのため、ドルやユーロ、円といった人気のある国の通貨が多く買われ、通貨の価値が高くなります。

投資信託は様々な株や債券を集めたッケージ商品なので、その中に外国株があれば、日本円に両替する時に為替の影響をうけます。

③信用リスク

信用リスクは主に債権に関わるものです。

これは、債券を発行している国や企業の経営難などにより債務不履行(利息や元本などをあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなること)が起こってしまう可能性を指しています

債券は比較的安全な金融資産とされていますが、発行元の信用が重要になります。

日本の国債と、情勢が安定していない国の国債であれば信用度が高いのは日本国債になります。

信用(デフォルト)リスク

債券等を発行する国や企業が、財政難・経営不振などの理由により、利息や償還金をあらかじめ定めた条件で支払うことができなくなる可能性のことです。

引用:一般社団法人 投資信託協会

信用リスクに関してはスタンダード&プアーズ社(S&P社)やムーディ―ズ社が格付けを出しています。

「格付け」とは、政府や企業、金融商品などの信用状態に対して付けられる等級のことです。

これは公的な機関ではなく、専門の民間企業です。

債権の元本・利息が確実に払えそうな国や企業は格付けが上がり、返済能力がなさそうなら下がります。

  • 債券の信用度はその国や企業の信頼性に関係しています
  • 信用度に関しては、格付け会社が格付けをしている
  • 格付けはあくまで参考なので鵜呑みにしてはいけない

④金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利の変動により資産の価値が変動する可能性のことをいいます。

金利変動リスク

金利が変動する可能性のことです。一般的に、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券の価格は上がります。また、満期までの期間が長い債券ほど、金利変動の影響を大きく受けます。

引用:一般社団法人 投資信託協会

債券は金利の変動に大きな影響を受けます。

債券には、金利が上昇すると価格は下がり、金利が低下すると価格は上がる特徴があります。

引用:日本証券業協会

なぜ、このようになるかというと、投資家は市場金利が高くなると低い金利の債券を売って、もっと利回りの良い投資先に投資しようとするからです

まとめ

投資におけるリスクは、運用の仕方次第でまったく異なってきます。

多くの投資信託は、ファンド自体である程度の分散投資がされていることが多いのですが、自分で投資先について理解しておくことが大切です。

リスク管理については様々な意見がありますが、自分のリスク許容度に見合った投資をしなくてはなりません。

また、銘柄・時間・国というように分散投資を心がけることでリスクに強くなります。

ではまた!

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。