インデックス投資

投資信託の選び方 アクティブファンドとインデックスファンドの違い

投資信託を始めようとしたときに悩むのが、「どうやって投資信託を選べばいいのだろう」という事です。

投資信託には大きく分けて2つのグループがあります

  • アクティブファンド 市場平均以上の成績を目指す
  • インデックスファンド 市場平均の成績を目指す

ファンドとは投資信託の事で、運用方法によってアクティブファンドとインデックスファンドに分けられます。

今回はインデックスファンドとアクティブファンドの違いについて書いていきます。

投資信託の選び方で重要なポイント

インデックスファンドとアクティブファンドの違いについて触れる前に、まずは投資信託の選び方について確認しておきましょう。

投資信託を選ぶときに大切なポイントは次の3つになります。

  1. 手数料は抑えられているか
  2. つみたてNISAに対応しているか
  3. 投資先は自分の投資プランに合っているか

投資信託は基本的に長期運用になるので、年間の維持費やリスク管理が重要なポイントになります。

既にご存知の方もいると思いますが、投資信託の魅力は1本で分散投資が出来ることです。

『卵は1つのかごに盛るな』という名言があるように、投資先を分散させることで、リスクを抑えることが出来ます。

1つの会社に投資→1つの会社が倒産した時のダメージが大きい。

国や世界の経済に投資→1つの会社が倒産しても、ダメージが小さい。

また、運用益が非課税になるつみたてNISAは絶対に利用しておくべき制度なので、投資を考えている投資信託がつみたてNISAに対応しているのかも確認しておきましょう。

インデックスファンドとアクティブファンドの違いは、投資目標平均的な手数料の価格です。

インデックスファンドは平均点を目指す投資信託

インデックスファンドは株価指数に沿った運用をしていくファンドです。

世界には日経平均NYダウといったような『株価の平均』があります。

※実際は株だけでなく、債券、不動産、金など様々な指数があります。

このような『株価の平均』になるように運用していくのがインデックスファンドになります。

インデックスファンドは株価指数(インデックス)に投資をする

インデックス投資は、国や世界の平均に投資をするので、経済成長の恩恵を受けることが出来ます。

また、どの銘柄をどれくらい買えばよいかコンピューターで算出できるので、低コストで運用することが可能です。

株価が何十倍というように大きく勝つことはできませんが、大きく負けることも比較的少なく、市場平均並のリターンを得ることが出来ます。

S&P500(アメリカ経済のインデックス)

ここで、アメリカ経済のインデックスであるS&P500の過去の結果を参考にします。

S&P500はアメリカの上位500社からなるインデックスです。

この中には、アップルマイクロソフトアマゾンといった大手企業も入っているので、S&P500に投資をするとこれらの企業にも投資をすることが出来ます。

アメリカ企業上位500社による平均なので、いうなればアメリカの経済成長そのものです。

インデックスファンドへの投資は、国や世界の経済成長の利益を個人で受け取ることが出来るようになります。

アクティブファンドは好成績を目指す投資信託

次にアクティブファンドについて解説していきます。

アクティブファンドとは、『株価の平均』よりも良い運用成績を目指す投資信託の事です。

平均点以上を出すにはそれなりの分析や時間がかかってしまうので、インデックスファンドと比較するとコストが高くなってしまいます。

これは、日本のアクティブファンドとしてかなり有名な『ひふみプラス』という投資信託です。

以前、『カンブリア宮殿』にも取り上げられ話題となり、つみたてNISAにも対応しているという比較的良心的なアクティブファンドですが、信託報酬(保有にかかる年間のコスト)は1.0584%です。

一方こちらは同じく日本株に投資をする『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』というインデックスファンドです。

信託報酬を見ると、コストは何と0.1512%です。

これは『ひふみプラス』7分の1のコストです

資産運用会社が銘柄分析を行い、最大のパフォーマンスを目指すアクティブファンドは分析に時間がかかるため、どうしてもコストが高くなってしまいます。

アクティブファンドの信託報酬はインデックスファンドの7倍になることもある

アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない!?

アクティブファンドの手数料が高いことを説明しましたが、さらに残念なことにアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないということもわかっています。

アクティブファンドは市場平均を上回ることを目的としていますが、実際には市場平均並みか、下回る成績を出しているファンドがほとんどです。

『ひふみプラス』と『eMAXIS Slim』を比べてみた

これは『ひふみプラス』『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』の同じ期間のチャートです。

※『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』が登場した2018年3月以降で比較しています。

それぞれの基準価額

  • ひふみプラス 最高:+1~2% 最低:-25~27%
  • eMAXIS Slim国内株式(日経平均)最高:+5~6% 最低:-15~17%

ご覧のようにインデックスファンドである『eMAXIS Slim国内株式(日経平均)』の方が景気の良い時に上がり、景気の悪い時は下がっていないことがわかります。

この事実からわかるのは、プロが詳細に銘柄分析を行ったからといってインデックスファンドに大きく勝てるとは限らないということです。

また、モーニングスター社が実施した2015年の調査では、日本国内株式のアクティブファンドが同じく日本国内株式に投資をするインデックスファンドに勝つことは出来るのかという調査が行われました。

経過年数インデックスファンドに対するアクティブファンドの勝率
1年26%
3年33%
5年39%
10年32%

この表からわかるように、アクティブファンドの勝率は20%~30%台と明らかに低いことがわかります。

さらに、調査では好景気においてもアクティブファンドの勝率は変わっていないと書いてあります

本来、アクティブファンドは特に上昇相場で超過収益を獲得することが期待されるが、2012年11月以降のアベノミクスによる日本株活況にもかかわらず、過去1年や3年だけをみてもパッシブが優位だ。

アベノミクスでは、日経平均が過去最高値を更新するなど、近年稀に見る好景気となりました。

ですが、そのような好景気においてもアクティブファンドの勝率は、ほとんど変化しなかったのです。

アクティブファンドは好景気時には利益を取りに行き、不況時には損失を抑えることが目標と言っても過言ではありません。

ですが、実際にはインデックスファンドに勝つことが出来ません。

投資信託ではインデックスファンドを選ぶべき

このように、アクティブファンドにはインデックスファンドと比べて手数料が高く、パフォーマンスが悪いという残念な事実があります。

そのため、長期投資でインデックスファンドを選ぶことは基本中の基本になっています。

  1. 分散投資がされているか
  2. 手数料は抑えられているか
  3. つみたてNISAに対応しているか

最初に説明したように、インデックスファンドは長期投資において気を付けたい条件を全て満たしています。

つみたてNISAの投資信託も、ほとんどがインデックスファンド

さらに、非課税で運用が出来るつみたてNISAの対象ファンドはほとんどがインデックスファンドです。

インデックスファンドが多いのは資産運用の基本である長期・つみたて・分散が簡単にできるからです。

つみたてNISA対応の投資信託
  • インデックスファンド 143本 
  • アクティブファンド 18本

参考:金融庁

金融庁としても、アクティブファンドの残念な結果を知っているからこそ多くのインデックスファンドを対象にしたのではないでしょうか。

まとめ 長期投資はインデックスファンドが最適解

今回は初心者向けにアクティブファンドとインデックスファンドの違いについて解説しました。

『アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない』という事を知っているだけで銀行や証券会社の罠に引っかかることは少なくなります。

ではまた!

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから