お金の知識

無理に食費を節約する危険とは? お金と健康どちらを取るか

どうもRENです!

「節約をしよう」というと、食費を削ろうとする人が数多くいます。

食費は毎日の支出なので目に見えやすく、意識すれば簡単に抑えることが出来ます

ですが、食費を抑えることはそんなによいことではないと思います

今回は実体験をもとに、食費を削ることのデメリットについて書いていきます

こまめな節約は、大切だけど…

節約は大切です

このブログで何回も伝えていますが、資産を増やしていくためには順番があります。

節約→貯蓄→投資の流れを意識してお金を貯めていく

投資をする前に、家計を見直し、余分な出費を減らしていかなくてはなりません。

消費を抑えることで、自由に使えるお金が増えます

そして、自由に使えるお金を無理のない範囲で投資にまわし、資産を拡大していきます。

 

また、節約で浮いたお金は、手取りが増えたことと同じ意味を持ちます。

手取りを増やすことは大変ですが、節約をしてお金を浮かすことは簡単にできます。

  • 手取り5,000円UP
  • 節約で毎月5,000円浮く

方法は違っても、毎月5,000円多く使えるようになるという意味では同じ

ですが、多くの方が間違った節約の仕方をしています

  • 電気をこまめに消す
  • 暖房を節約する
  • 水道を出しっぱなしにしない

こういった生活の中の節約はもちろん大切ですが、さほど大きな効果がありません

数百円、数千円のために快適な生活を我慢することの方が精神的・身体的なストレスになります。

食費の節約も同じように、一定のラインを超えると我慢勝負のようになってしまいます

一日700円の食費で生活をしていた

私は一時期、毎日700円の食費で生活をしていました

「なんだ700かよ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

この700円にはお菓子、飲み会といった自分の飲食関係すべてを入れていたのでなかなかハードでした。

飲み会があると4日分の食費が飛ぶので、いかに安く料理を作れるかがポイントでした。

一か月で食べ物にかけるお金を21,000円に縛っていた

もちろん、効果はあります。

豪華な食材を使った料理や間食を避けることで、食費を削減し、予算に余裕を作って友人とご飯に行っていました。

ですが、次第に食費をいかに削れるかが目的となっていました。

そして、節約をすればするほどお金に余裕は出来ましたが、健康的な食生活から遠のいていきました

  • 朝 卵雑炊
  • 昼 ミスド
  • 夜 パスタ

当時はこのような食生活を送っていました。

節約を意識すると、このような炭水化物に偏った食生活になってしまいます

乱れた食生活では長期的な健康を望めない

乱れた食生活は確実に健康を害します。

当時の私は節約を意識過ぎて、健康という長期的な目線が欠けていました。

お金を貯める目的は、人生をより良いものにするためです。

お金は夢を実現するための手段であって目的ではありません

そのため、節約を意識して健康を疎かにしては本末転倒です。

本来は野菜、果物、肉、魚、キノコ類というようにバランスのとれた食生活が理想。

節約も大切ですが、長期的な視点で進めていかなくてはいけません

減らすべきは、飲み会や間食

食費の見直しが悪いわけではありません。

むしろ、自分の食生活を見直す良い機会です。

一日700円生活で変わったこと
  • コンビニで買い物をしなくなった
  • むやみに外食をしなくなった
  • 消費に敏感になった

食費の節約を通して、学んだことはたくさんありました。

食費全体を減らしていくのではなく、余分な部分を減らしていかなくてはいけません。

減らしてくべき項目は飲み会や間食です。

これらは娯楽的な要素が強く、浪費であることがほとんどです。

お酒やお菓子をなるべく減らしていくことで、節約になるだけでなく、健康にも良くなります。

まとめ

食費の節約は絶対に行っていきたいポイントです。

特に、飲み会、お菓子、飲み物に使っていたお金を見直すだけで数千円~一万円もの節約が出来ます。

ですが、節約にこだわりすぎて健康を疎かにしてはいけません。

最低限の食費でおいしく健康的な食事をどうすればとれるかを考えると金銭的・健康的に理想的な食生活になります

ではまた!

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。