インデックス投資

積立NISA(つみたてNISA)のメリットとは? 投資信託を非課税で運用できる制度

つみたてNISAは人生100年時代に向けて金融庁が力を入れている税金優遇制度です

  • つみたてNISAって何?
  • 非課税で運用できるってホント?
  • NISAとの違いは?
  • デメリットはないの?

こういった疑問を持つ方もいると思います

今回はそんなつみたてNISAについて解説していきます

初めてつみたてNISAを聞いたいという方も、すでに知っている方も参考にしてみてください

積立NISAとは? 仕組みとメリット

つみたてNISAとは、2018年から始まった少額非課税制度です。

この制度は、少額からの長期・積立・分散投資を支援することを目的としています

これは、投資初心者や未経験者へ資産運用を行ってもらうために作られた制度です。

そのため、金融庁によって優良な投資信託厳選されており、長期投資で運用益も期待できるので、若いうちから始めると非常にメリットのある制度になっています

他にも、NISAという非課税制度がありますが、積立NISAはそれとは異なるものです

NISAと積立NISAの違い

一般NISAつみたてNISA
対象者20歳以上
運用方法通常買付・積立方式積立方式
年間投資上限額120万円40万円
非課税となる期間5年20年
対象商品国内株式・海外株式・投資信託国が定めた基準を満たした投資信託
非課税対象対象商品にかかる配当金・売却益等
口座開設期間2023年開始分まで2037年開始分まで
金融機関変更各年ごとに変更可能

※引用:楽天証券

このように、NISAとつみたてNISAには大きな違いがあります

また、どちらか一方の口座しか開設することができません

 

NISA

  • 投資対象は株式・投資信託など→金融資産保有率を上げたいという思惑
  • 年間120万円まで運用可能→毎月10万円の投資が可能
  • 期間は最長5年→つみたてNISAに比べると短め

NISAは純粋に資産運用を活性化させる目的のものです

一方、つみたてNISAは完全長期投資特化型の制度になっています

つみたてNISA

  • 投資対象は指定された投資信託のみ→初心者&長期投資向けの優良投資信託を厳選
  • 年間40万円まで運用可能(月3.3万円の積み立てが可能)→つみたてによるリスク回避を推奨
  • 期間は20年間→長期投資向けに運用期間が長い

つみたてNISAとインデックス投資の相性は抜群です

日経平均やS&P500tといった株価指数に連動する投資信託をつみたてNISAで購入することで、利回りを上げることが出来ます

積立NISAのメリットは非課税で運用が出来るところ

一番のメリットは非課税で運用できることです

一般的な株や投資信託であれば、運用益や配当金に対して20.315の税金がかかりますが

NISAやつみたてNISAで運用することで非課税になります

税金が投資結果に与える影響

この図はつみたてNISA(非課税)と一般口座(課税)、それぞれの運用結果を表しています

運用条件
  • 月33,000円の積み立て
  • 運用期間は20年
  • 年利4%計算

20%の差は時間をかければかけるほど大きくなります。

20年後には約100万円もの差が生まれます

このように、非課税制度を利用して投資信託のリターンを上げることが出来ます

積立NISAは対象商品がいい意味で限定されている

つみたてNISAの対象となる投資信託は金融庁によって厳選されています

金融庁によるつみたてNISAの条件
  • 販売手数料が0円(ノーロード)で、信託報酬も安い商品
  • 頻繁に分配金が支払われない商品

なぜ、こういった条件があるのか?

それは、世の中の投資信託の9割以上はぼったくりだからです。

投資信託の数は数千種類ありますが、投資する価値のあるものはほんの一握りです

そういった、ぼったくり投資信託ではなく、妥当な手数料の投資信託で資産運用をして欲しいという配慮がなされています

政府からのメッセージ 貯蓄から資産運用の時代へ

つみたてNISAは2018年から始まった新しい制度です

なぜ、つみたてNISAが開始されたかというと、これからの時代は貯蓄ではなく投資によって資産を確保していかなくてはならないからです。

銀行預金の利率がよかった時代は、貯金や定期預金を利用するだけで資産運用が出来ていました。

ですが、現在ではメガバンクの利息でも0.01%という低く、

さらに、年金制度もだんだんと危険視されています。

このような状況に対して、個人で老後資金の確保が求められるようになってきています。

そのために、つみたてNISA確定拠出年金(iDeCo)といった資産運用のための制度が作られたのです。

まとめ 積立NISAはメリットが多く、利用するべき制度

つみたてNISAは初心者の投資デビューを助けてくれる制度です

税金優遇によって運用コストを大きく圧縮できます。

長期投資のための地盤が着々と整備されているなかで

利用できるものを利用して、お金を蓄えていかなくてはなりません。

人生100年時代が本当にやってきたときに備えて

あわてずじっくり資産を増やしていきましょう

ではまた!

 

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから