インデックス投資

アメリカ(S&P500)に投資をする理由 利回りや投資信託を解説

私は現在、投資信託によるインデックス投資と日本株による高配当投資を行っています。

インデックス投資の主力となっているのが『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』です。

以前は、国内・先進国・新興国といった3種類の投資信託に投資をしていましたが、現在はアメリカの株価指数であるS&P500だけに投資をしています。

  • なぜS&P500に投資をしていくのか?
  • S&P500に連動する投資信託の中から、eMAXIS Slimを選ぶのはなぜか?

今回はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資をしていく理由について書いていきます。

アメリカ(S&P500)に投資をする理由

アメリカの株価指数であるS&P500に投資をする理由は次の通りです。

  1. S&P500に投資をすることでアメリカの上位500銘柄へ分散投資が出来る
  2. 経済成長が右肩上がりを続けている
  3. 暴落時にも早いスピードで回復している
  4. 投資の神様・ウォーレンバフェットも推奨

では順番に解説していきます。

S&P500に投資をすることでアメリカへ分散投資が出来る

S&P500とは、アメリカの代表的な500銘柄に連動するインデックスで、構成している銘柄は米国株式の上位500社です。

そのため、収益が低下し、上位500社から外れると組み込まれなくなります。

また、時価総額の加重平均を取ったかものになりますので、構成銘柄とその割合は企業の時価によって変化します。

つまり、S&P500に投資をすることで、自動的に優秀な会社の恩恵が受けられ、さらに分散投資が可能になるのです。

S&P500への投資をおすすめする理由はいくつもありますが、

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットもS&P500への投資を推奨していることも大きな理由の一つです。

バフェットは、「自分が亡くなった後資産の90%はS&P500、残りの10%は政府短期国債に投資せよ」と告げたと言われています。

この発言から、『今後、アメリカの経済成長はさらに成長をするため、投資の知識がないものが投資をするならS&P500である』というバフェットの考えが読み取れます。

アメリカ経済は右肩上がりを続けている

また、過去の結果からもアメリカ経済の成長率の高さがわかります

引用:http://www.multpl.com/

グラフからもわからうように、アメリカ経済は肩上がりで成長し、リーマンショックやITバブル崩壊といった暴落の後も急速に回復しています。

過去のデータを見ると、15年以上保有でほぼ100%でプラスにになっています

S&P500の平均利回りが高い

以下のグラフはS&P500の平均利回りをまとめたものです。

年数S&P500の平均利回り
1年9.5%
3年13.5%
5年10.9%
10年15.9%
15年8.6%
20年6%
30年10.2%

 

参照:私のインデックス

このように最低でも利回り6%、最高でなんと15.9%の利回りを出しています。

現在は平均して7%~9%の利回りが期待きると言われますが、それでも十分高い数値です。

アメリカ(S&P500)と比べて、日本経済は長期投資には向いていない

一方、日本経済は「失われた30年」と呼ばれているように経済成長が芳しくありません。

近年はアベノミクスの影響で徐々に上がっており、昨年は日経平均が20,000円を超えるなど上昇傾向にありますが、長期で見ると低迷しています。

引用:楽天証券

ご覧のとおり、90年代のバブル崩壊の後、過去最高額を更新できていません。

さらに、ITバブルやリーマンショックの影響をもろに受け、株価が大幅に下落しています。

先ほどのS&P500のグラフと比較すると、どちらが長期投資に向いているかは一目瞭然です。

アメリカ経済は暴落から急速に回復しさらに成長を続けてきました。

残念ながら、暴落は繰り返していくことが過去のデータからわかっています。

今後、暴落が起こった時に回復の早いアメリカ経済に投資をしていくことは資産を守るうえで有効な手段になるのではないでしょうか。

S&P500であれば保有しているだけで利益が出ていますが、日経平均で利益を出そうとすると、売買を繰り返さなくてはなりません。

アメリカ経済は何度も暴落に直面し、そのたびに乗りえてきたことがわかります。

S&P500に投資をするべき理由
  1. S&P500に投資をすることでアメリカの上位500銘柄へ分散投資が出来る
  2. 経済成長が右肩上がりを続けている
  3. 暴落時にも早いスピードで回復している
  4. 投資の神様・ウォーレンバフェットも推奨

全世界ファンドではなくアメリカ(S&P500)に投資をする理由

これまでの説明で、アメリカに投資をしていく理由は理解していただけたと思います。

ですが、読者の方の中には

分散投資が大切なら、全世界型や先進国のファンドに投資をするべきじゃないか?

こういった疑問を持たれる方もいると思います。

では、なぜ全世界型ファンドなどを選択しないかについて答えていきます。

アメリカは世界株式市場の時価総額の半分を占めている

このグラフはeMAXIS Slim先進国株式ファンドの組み入れ銘柄です

イギリス・フランス・カナダなど様々な国が組み込まれていますが、アメリカが65%も占めています

ここで、世界の株式時価総額の割合と比較してみます。

先ほどのeMAXIS Slim先進国ファンドによく似ています

全世界の株式時価総額の過半数はアメリカです。

そのため、どうしてもアメリカの割合を増やす必要があります。

新興国株式ファンドや全世界型ファンドへの投資は、

  • 様々な国に分散投資が出来る
  • 発展途上国の経済成長の恩恵が受けられる

こういったメリットはあります。

ですが、アメリカ以外の国に投資をしても必然的に大国アメリカの影響を受けてしまいます。

なので、下手に分散をするよりもアメリカ一点集中で投資をしていくべきではないでしょうか?

また、新興国と違い、経済的・法的に安定しているのもメリットです。

このような理由から、私は米国株式ファンド一本でいいのではないかと考えています。

楽天VTIとeMAXIS SlimS&P500の違いとは?

私はS&P500への投資は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)で行っています。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とよく比較されるのが、楽天VTIです。

この二つのファンドは手数料は若干の差がありますが、どちらに投資をしても間違いではない優良ファンドです。

では、他にどういった違いがあるのかというと、構成銘柄です。

  • 楽天VTI→VTIに投資するファンド。
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)→S&P500に連動したファンド

このように、ベンチマークとするものが違います。

S&P500は、米国株式の上位500社で構成されますが、VTIは、小型株を含む3600程度の銘柄で構成されます。

VTIはアメリカ市場全体をほとんどカバーしているので、小型株の成長を反映させることが出来ます。

そのため、景気が良い時は小型・成長株の株価が上昇するので、基準価額も上がります。

ですが、小型株は景気変動の影響を受けやすいため、景気が良い時はぐんぐん伸びていきますが、景気が悪くなるとガクンと下落します。

小型株は景気が良いとき、大型株より大きく上昇します。

VTIはこの小型株の上昇効果を取り込むことができます

とはいえ、両方とも構成銘柄の上位はアップル・アマゾン・マイクロソフトといった成長企業で構成されていますし、アメリカ経済全体に投資をしている点では一緒なのでそこまで敏感に捉えなくていいのではないかと思います。

S&P500はアメリカの安定大型株→下落相場に強いが、伸びが少ない

VTIは小型株を含むアメリカ市場全体への投資→下落相場に弱いが、伸びがある

まとめ S&P500はアメリカ経済への投資が出来るの

S&P500に投資をする理由として次のことを挙げてきました。

  1. S&P500に投資をすることでアメリカの上位500銘柄へ分散投資が出来る
  2. 経済成長が右肩上がりを続けている
  3. 暴落時にも早いスピードで回復している
  4. 投資の神様・ウォーレンバフェットも推奨

10年、20年という長い期間で投資をしていくときには、投資先が20年後も成長しているかという視点が大切になります。

現時点では世界最大の経済大国であるアメリカに投資をしていくことが最適解であると考えているので、今後もアメリカに投資をしていきます。

ではまた!

 

投資信託をemaxis slim 米国株式(s&p500) に変更した理由 こんな風に悩んでいませんか? 実はemaxis slim 米国株式(s&p500) は投資初心者だけでなく、上級者まで投資...
ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから