投資のヒント

投資アドバイザーは必要なのか? アドバイスを求めるならどんな人?

「投資を始めたいけど、不安だからプロのアドバイスが欲しい」と思っていませんか?

私も投資を始めるときは不安がたくさんありました。

  • 投資の勉強はどうやってすればいいの?
  • 自分に合った投資は何?
  • 投資詐欺には引っ掛かりたくない

投資は自分のお金を運用するので不安に思うこともたくさんあると思います。

実は、投資のアドバイスを求めて証券会社や銀行の窓口に相談に行くのは一番やってはいけないことなんです。

投資アドバイザーのアドバイスに従って投資をすると90%以上の確率で投資すべきではない投資商品を購入することになります。

この記事では、投資アドバイザーは必要ない理由正しい投資のアドバイスをしてもらう方法について紹介していきます。

FPや投資アドバイザーは必要ではありません

銀行や証券会社には投資のアドバイスをしてくれるファイナンシャルプランナー投資アドバイザーがいます。

投資や資産運用の相談をしたい時には身近な銀行にいってアドバイスをしてもらう方が多いと思います。

しかし、銀行や証券会社に所属している投資アドバイザーの意見は多くの場合、正しくありません。

投資アドバイザーの仕事は投資商品の販売

銀行や証券会社の投資アドバイザーの仕事は、自分たちの利益になる投資商品を販売することです。

投資アドバイザーにとって利益となる投資商品は手数料が高いものです

  • 販売手数料(購入時にかかる手数料)
  • 信託報酬(年間の維持費)

このような手数料が高い商品を売ることで販売者の利益となります。

そのため、銀行や証券会社に所属している投資アドバイザーは投資家にとって優良な投資商品をおすすめしません。

投資アドバイザーが投資家に勧めてくるものは、投資アドバイザーや所属している会社にとって利益が出るものです。

投資アドバイザーはお金に詳しいわけではない

また、銀行や証券会社の投資アドバイザーは資産運用や投資に詳しい人よりも、投資商品の販売が上手い人たちです。

先ほど述べたように、投資アドバイザーの仕事は投資商品の販売なのです。

そのため、投資家にとって優良な投資の知識よりも、会社に利益のある投資商品の販売に詳しくなります。

銀行に行き、投資のアドバイスを受けに行くということは、投資家にとって利益のある投資を勧められるわけではありません。

投資のアドバイスを受けるときの注意点

先ほど述べたように、銀行や証券会社に所属する投資アドバイザーに相談をするべきではありません。

ですが、投資を始める時に誰かの意見を参考にしたいという気持ちがあると思います。

ここからは、投資のアドバイスを受ける場合どのようなことに気をつけるべきかについて紹介していきます。

利害関係のない人に投資のアドバイスを受ける

投資をアドバイスを受けるのであれば、投資に詳しい友人が一番の選択肢になります。

実際に投資をしている人で、友人のような利害関係の生じない相手に聞くのが一番いいのではないかと思います。

  • 個人的に投資をしている人
  • 金融機関に勤めている友人

本当に質のいい情報を持っている人はわざわざ他人に教えることは手間です。

私も投資について友人から聞かれることがありますが、ゼロから説明するのは正直面倒くさいです。

よほど親しい友人でなければ、投資について1から10まで説明する気にはなりません。

世間話のついでに色んな話をする場合もありますが、投資をしていることに対してよく思わない人が多いです。

そのため、自分から積極的に投資の話をする人は少ないです。

そういった人から投資についてアドバイスを受ける場合には投資について話を聞きたいといって、ランチに誘ってみると効果的です。

これは、投資をする前に私も実践したことがあるのですが、お互いにメリットがあります。

「話を聞きたいなら対価を払え!」と言いたいのではなく、相手の時間と情報に価値があることを示すことで、価値のある話を聞くことが出来ます。

投資のアドバイスを受けても、最終判断は自分でする。

投資を始めようとするときには、不安がたくさんあると思います。

そのため、専門家や投資をしている人のアドバイスが欲しくなります。

しかし、投資をするのであれば、投資について自分で学ぶことが大切です。

投資の大前提として全て自己責任というものがあります。

投資をすることや株の売買のタイミング、資産の何割を投資に回すのかということはすべて個人の責任になります。

投資アドバイザーから投資に関するアドバイスを受けたとしても、最終的に判断するのはあなた自身です。

自分で考えて投資を行う場合と、アドバイスをくれた人の意見を鵜呑みにしているのとでは投資に対する理解が大きく変わってきます。

そのため、自分で考えて投資をしないと失敗しやすくなります。

自分で投資の勉強してからアドバイスを受ける

投資のアドバイスを受けるのであれば、事前に勉強しておくべきです。

なぜなら、相手の言っていることが正しいか判断できるからです。

先ほど述べたように投資のアドバイスをする人は自分のメリットのために行動する場合があります。

投資やお金に関する知識が無ければ、相手の話が投資詐欺なのか、もしくは本当に正しいことなのかが判断できません。

自分の知識を身に着けるだけでなく、投資詐欺の被害にあわないためにも、事前に投資の勉強をしておくことが大切です。

初心者向けの投資の勉強法についてはこちらの記事でも紹介しています。

https://ren-stockpocket.com/%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%af%e7%8b%ac%e5%ad%a6%e3%81%a7%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%80%82%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%a7%e3%82%82%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%81%9f/

まとめ 投資のアドバイスには注意が必要

  • 投資アドバイザーの仕事は投資商品の販売
  • 投資アドバイザーはお金に詳しいわけではない

この記事では、投資アドバイザーの必要性について紹介してきました。

投資アドバイザーの目的は自分や会社にとってメリットのある商品を販売することです。

また、投資アドバイザーは投資の専門家ではなく、販売の専門家であるため、投資のアドバイスを受けるにはふさわしくありません。

投資のアドバイスを受ける時に気をつけることは次の通りです。

  • 投資のアドバイスを受けたいなら、利害関係のない人に
  • 投資のアドバイスを受けても、最終判断は自分でする。
  • 投資のアドバイスを受ける前に自分で勉強する

投資を始める時は不安も多いと思いますが、大切なのは自分で判断することです。

投資を始める前やアドバイスを受ける時には自分で勉強をしてから行動するようにしましょう。

ではまた!

【これだけでOK】初心者でも読みやすいおすすめの投資本2冊を紹介 投資やお金について学ぶためには本を読んで、基本的な知識を身に着けることが効果的です。 しかし、数多くの投資本の中から正しい情報を選...
ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから