高配当投資

投資で不労所得をゲット! 配当金で生活を豊かにする

「投資で不労所得を手に入れることは出来るのか?」と疑問に思っていませんか?

不労所得とは、自分で働かなくても手に入れることが出来るお金のことで、資産収入ともいわれます。

資産収入の代表として株式投資があり、実際に投資で不労所得を得ることは出来ます。

私は高配当投資と呼ばれる投資を行っており、配当金を手にしています。

配当金は企業が株主に対して利益の一部を還元しているもので、不労所得になります。

この記事では、投資で不労所得を得る方法と配当金が不労所得になる理由について解説していきます。

投資の配当金は不労所得になる

不労所得を手に入れると、お金に余裕が出来るので人生の選択肢が広がります。

毎月数万円の不労所得があれば、好きなことに使えるお金が増えます。

そんな不労所得ですが、いくつかの種類があります。

  • 不動産
  • ブログ
  • 印税

どれも自分の労働以外で手に入る収入のことですが、難易度や不労所得を手にするまでの時間が違います。

今回は投資によって得られる不労所得について紹介していきます。

投資で得られる不労所得は2種類

投資で得られる不労所得は2つあります。

それは、キャピタルゲインインカムゲインです。

キャピタルゲインとは、株式や不動産といった資産を売買することで得られる利益のことです。

株式投資では、株価が下がった時に株を購入しておき、株価が上昇したタイミングで売ることで得られる利益のことです。

一方、インカムゲインとは資産を保有していることで得られる利益のことです。

株式投資では、配当金や株主優待がインカムゲインになります。

このように株式投資は、株式を売買することによって利益を得るキャピタルゲインとインカムゲインの2つの特性を持っています。

不労所得はインカムゲインが主流となります。

投資のインカムゲインは配当金と株主優待で、配当金を目的に投資をすることを高配当投資と言います。

高配当投資は、配当金を出してくれる企業に投資をする投資法で、毎年数千円~数万円の配当金を手に入れることが出来ます。

投資の配当金が不労所得になる理由

配当金などのインカムゲインが不労所得になる理由は、お金の稼ぎ方の違いにあります。

お金の稼ぎ方は大きく分けて2つに分類することが出来ます。

それは、労働収入と資産収入です。

労働収入とは、労働によってお金を稼ぐことです。

例えば、アルバイトや会社員としての給料が労働収入になります。

多くの人は労働収入によってお金を稼ぎ、生活しています。

一方、資産収入とは資産を働かせてお金を稼ぐことです。

株や不動産といった資産が稼ぐお金が資産収入になります。

資産収入≒不労所得≒インカムゲインと表すことが出来ます。

不労所得を得るためには資産収入を増やさなくてはいけません。

  • 労働収入…アルバイトや会社で得る給料など
  • 資産収入…働かなくても、資産から発生する収入の事

不労所得を得なければ生活が豊かにならない現実

実は、不労所得を手にしなくては生活が豊かにならないという根拠があります。

それは、『r>g』というものです。

『r>g』はフランスの経済学者であるトマ・ピケティさんが書いた『21世紀の資本』のなかで紹介されています。

『r』は資本収益率、つまり株や不動産への投資のリターンを表しており

『g』経済成長率、つまり労働によって経済が成長し、得られるリターンを表しています。

この不等式からわかることは、経済全体の成長よりも、投資で儲かるペースのほうが早いということです。

つまり、投資が出来るお金持ちは、よりお金持ちになり、一方で投資をしない人たちは、お金持ちになれないのです。

この本では、お金持ちの子供は親の資産を受け継ぎ、資産運用によってさらにお金持ちになる一方で、労働でお金を稼ぐ人はいつになってもお金持ちになれないことが問題とされています。

『r>g』からわかるように、不労所得である資産収入を増やすことは、生活を豊かにするために必要なのです。

  • 不労所得がある資産家は年々お金が増えていく。
  • 投資をしない労働者はどんどんお金が減っていく。

実際に投資で得られる不労所得は?

投資によって不労所得を得るためには配当金を出している企業に投資をする必要があります。

では、投資の不労所得である配当金がいくらもらえるのかを説明していきます。

自分のお金をいくら使って、いくらの配当金を得られるのかを調べるためには配当利回りを計算します。

計算式は次のようになります。

配当利回り(%)=1株当たり配当金÷株価×100

では、実際に日本の高配当株で有名なオリックスを使って配当金利回りを計算してみます。

オリックスの株価と配当金は以下の通りです。

  • 現在(19年11月)の株価…1718円
  • 2020年の配当金…1株当たり76円

この情報を元に配当利回りを計算すると、4.4%(税引き後3.5%)になります。

高配当投資では、3%~5%の利回りが期待できるとされています。

そのため、毎月1万円の配当金を得るためには240万円~400万円の資産が必要になります。

投資で得た配当金をさらに投資に回していくと、不労所得がどんどん増えていきます。

配当金で不労所得を得るためには準備が必要ですが、投資をしている企業が配当金を出している限り定期的にお金がもらえるのが魅力です。

配当金生活を送るために必要な金額とは? 株の配当で生活は出来るのか配当金目当てで株を購入して行く投資法を高配当投資と言います 配当金生活や株主優待に憧れる方も多いのではないでしょうか。 ...

まとめ 投資で不労所得を得るためには

この記事では以下のことを紹介してきました。

  • 投資をすることで配当金を得ることが出来る。
  • 投資をしないとお金持ちにはなれない
  • 労働収入と資産収入の違いを理解する
  • 毎月1万円の配当金を得るためには240万円~400万円の資産が必要

投資をすることで不労所得を得ることは出来ますが、簡単なことではありません。

FXやワンルームマンション投資など、簡単に稼げそうな不労所得もありますが、こういった投資法ではリスクも大きくなります。

不労所得を手にするためにはコツコツと資産を積み重ねていくことが重要です。

しっかりと勉強をして、自分に合った投資法を見つけてください。

ではまた!

高配当投資の魅力とは? 配当金で生活レベルをUPさせる方法『配当金や株主優待に興味があるけど、実際に投資で配当金をもらうことは出来るのだろう』と悩んでいませんか? 実はこの記事で紹介してい...

 

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから