投資のヒント

特別口座にある株はどうすればいいの? 売買方法まで解説

「特別口座にある株ってどうすればいいんだろう」と悩んでいませんか?

実は、いくつかの手順を踏むことで特別口座にある株を整理することが出来ます。

なぜなら、私も特別口座にある株を整理・売却したことがあるからです。

この記事では、特別口座にある株の整理のやり方を紹介していきます。

この記事を読み終えると、特別口座にある株を整理・売買する方法を知ることが出来ます。

特別口座の株は早いうちに整理しておきましょう!

特別口座とは?

特別口座とは、株の売買を行う一般口座や特定口座とは全くちがう口座です。

昔は株券という紙に印刷されたものが使われていました。

しかし、平成21年1月の株券電子化によって、株券が廃止され全て電子化されました。

ですが、株主の何らかの事情により電子化までに手続きが行われていない場合

配当金の受け取りや株主の議決権を守るために

株券を発行した会社の依頼で株主名簿管理人(信託銀行など)に開設された口座特別口座です。

特別口座は株券電子化の手続きが出来ていない株を守るための口座

特別口座にある株は何が違うの?

特別口座にある株は普通の証券口座にある株と少し違った特徴があります。

それは、株の売買が出来ないということです。

特別口座は、株主の権利を保護するための口座であって、株式の取引口座ではありません。

特別口座にある株で出来ることは以下の通りです。

  • 配当金の受け取り
  • 株主総会での議決権行使は出来ます。
  • 単元未満株の買い取り請求・買い増し請求

証券口座を開設していないのに、配当金の書類が届く人は

特別口座に株があるかもしれません。

特別口座にある株を売買するには、あらかじめ証券会社で本人の取引口座を開設し、株式を振り替える必要があります

特別口座から一般口座への振り替えのやり方

特別口座にある株を一般口座に振り替える方法は以下の通りです。

  1. 証券口座を開設する
  2. 信託銀行に連絡
  3. 口座振替申請書を送付してもらう
  4. 必要事項を記入して提出

では順番に解説していきます。

証券口座を開設

特別口座にある株を整理するためには、証券口座が必要です。

開設する証券会社はどこでも大丈夫ですが、同一人物の口座でなくてはいけないので注意してください。

証券会社は実店舗を持っている一般証券と持っていないネット証券があります。

店舗がある証券会社で口座を開設してもいいですが

  • 投資案件を紹介される
  • 手数料が高い
  • わざわざ出向くのが面倒

このような手間があるのでネットが使える人はネット証券で十分です。

ネット証券であれば、自宅で申し込みをして書類も郵送で送られてくるので簡単です。

信託銀行に連絡

証券口座を開設したら、株を管理している信託銀行に連絡をします。

信託銀行とは、一般的な銀行業務のほかに個人や法人が持つ財産を信託の設定により受託者に移転させて、その財産を管理・運用する業務や企業の株主の名簿を管理する業務を行っています。

  • 三菱UFJ信託銀行
  • みずほ信託銀行
  • 三井住友信託銀行

このような信託銀行があります。

信託銀行は企業ごとに異なるので、自分の持っている株を管理している信託銀行を確認してください。

信託銀行の確認方法は次の2つです。

  • 株主総会招集通知、配当金通知等の書類の封筒に記載されている差出人から確認する
  • 上場会社のホームページある「企業情報」や「株主・投資家向け情報欄」から確認する

また、信託銀行の探し方については日本証券業協会のホームページでも紹介されています

連絡先は各信託銀行の証券代行部です。

口座振替申請書を提出する

株を管理している信託銀行がわかったら、連絡をして「口座振替申請書」を送付してもらいます。

「口座振替申請書」とは特別口座にある株を一般口座に移すための書類です。

例:三菱UFJ信託銀行の口座振替申請書

書類の提出に必要な情報は以下の通りです。

  1. 証券会社等の名前
  2. 部支店名
  3. 機構加入者コード
  4. 部支店
  5. 加入者口座コード
  6. 加入者名

記入するときに気をつけたいのは、以下の2つです。

  • 届け出印
  • 振り替えをする株数

届け出印は、株券を発行するときに利用した印鑑のことです。

どの印鑑を使用したかわからない場合は、信託銀行に連絡するときに伝えましょう。

印影の一部を切り取ったコピーが送られてきます!

注意しなくてはならないのが、特別口座から振り替えられる口座は一般口座になることです。

特別口座の株は特定口座やNISA口座へは振り返ることが出来ません。

そのため、確定申告を自分でやらなくてはいけません。

特別口座から振り替えた株の確定申告について

特別口座から振り替えた株を売買すると確定申告が必要になります。

株式の所得計算方法は以下の通りです。

総収入金額-(取得費+譲渡費用+負債の利子)

譲渡費用と負債の利子は割愛しますが、確定申告をするためには総収入金額と取得費が必要です。

総収入金額は株を売却した時の利益になるので簡単にわかります。

しかし、何十年も前の株だと取得費がわからない場合があります。

その場合には次の方法で購入価格を算出することが出来ます。

  1. 株式異動証明書を発行してもらう
  2. 譲渡金の5%相当を取得費用にする
譲渡金の5%は、ほとんどが利益になるので税金面で不利になります

株式異動証明書はその株を管理していた株主名簿管理人(信託銀行など)に問い合わせることで発行してもらえます。

株式異動証明書は取得日がわかるだけです。

なので、その時の相場を自分で調べて計算する必要があります。

詳しくは税務署や税理士に相談をしてください。

まとめ 特別口座の株を整理する方法

特別口座とは、株券の電子化がされていない株に対して株主の権利を保護するための口座です。

特別口座の株は一般口座に振り替えないと売買が出来ません。

特別口座から一般口座への振り替え手順

  1. 証券口座を開設する
  2. 信託銀行に連絡
  3. 口座振替申請書を送付してもらう
  4. 必要事項を記入して提出

ネット証券で口座を開設していれば、手続きは簡単でに終わります。

自分が把握していない数十万円~数百万円の株が特別口座にある場合もあるので、早めに確認しましょう。

ではまた!

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。 ⇒ twitterのフォローはこちらから