株式投資

SBIネオモバイル証券の評判とは? その仕組みや注意点について解説

SBIネオモバイル証券が今、投資界隈の中で話題になっています。

日本で株を買うためには基本的に100株から購入をしなくてはいけないので、投資初心者にはハードルが高いものでした。

ですが、様々な証券会社が一株から買えるようなシステムを作り、投資へのハードルを下げてきました。

そんな中、登場したのがSBIネオモバイル証券です。

この証券会社は100株以下の取引をメインとした証券会社としてSBI証券が新しく作った仕組みになります。

小額から取引が出来るので、いままで投資に興味がなかった人たちが投資に触れるための手段として注目されています。

  • 1株から株が買える
  • Tポイントで投資が出来る
  • 月額200円(税抜)で取引が出来る
  • 毎月200ポイントもらえる
  • SBI証券のシステムとセキュリティが使える

株の初心者が新しく投資を始めるには使いやすいネオモバイル証券ですが、いくつかの注意点とデメリットもあります。

今回はそんなSBIネオモバイル証券について開設していきたいと思います。

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券は、ネット証券最大手のSBI証券と「Tポイント」とマーケティングを繋ぐCCCマーケティングの共同出資で誕生した会社です。

日本の株は100株からしか購入が出来ないので、株を始めようとしても、まとまった資金が必要になります。

ですが、SBIネオモバイル証券は1株から購入できるので、銘柄によっては500円以下で投資が出来ます

SBIネオモバイル証券は一株から株が買える

SBIネオモバイル証券の魅力は何と言っても1株から株が買えることです。

通常、日本株は売買の最低単位である単元株数が決まっているので、100株からしか買うことが出来ません。

株価が2000円なら、20万円の資金が必要(2,000円×100株=20万円)

しかしネオモバイル証券では、単元未満株式(S株)を購入できるため、1株から取引することが可能です。

株価は銘柄によって異なりますが、1株500円未満で購入できるものもあります。

SBIネオモバイル証券はTポイントで投資が出来る

また、Tポイントを利用した「ポイント投資」をすることが出来ます。

ポイント投資のメリットは現金を使わないので気軽に投資が出来るという点です

「株をしてみたいけど、お金をかけてやるのは抵抗がある」という方にはうってつけです。

月額200円(税抜)で取引が出来るSBIネオモバイル証券

ネオモバイル証券取引手数料は月額216円(税込)です。

一般的な証券会社だと、取引のたびに手数料がかかるですが、SBIネオモバイル証券は月額216円で取引し放題になっています。

SBIネオモバイル証券の手数料はこのようになっています。

毎月の取引額に応じて上がっていきますが、月50万円以下であれば216円で取引が出来ます。

Tポイントが毎月200ptもらえる

さらに、毎月200ptもらえるので、実質16円で取引が出来ます

ただし、このTポイントはネオモバイル証券だけで使える期間限定ポイントなので注意が必要です。

SBIネオモバイル証券のデメリット

ここまで、SBIネオモバイル証券の特徴についてまとめましたが、ここからは注意点やデメリットについてまとめていきます。

SBIネオモバイル証券は取引していなくても手数料がかかる

ネオモバイル証券は月額制なので取引ごとに手数料がかかりません。

ですが、取引をしなくても手数料がかかってしまいます。

一時停止期間中は手数料がかからないそうですが、注意が必要です

また、少額投資をターゲットにしていることを考えると手数料が割高です。

手数料以上の利益を出そうとすると、どうしても短期投資や金額の大きい取引をしなくてはいけなくなります。

資産運用という点では注意すべきポイントです。

NISA・つみたてNISA・iDeCoに対応していない

NISAやiDeCoは非課税で投資が出来る制度です。

現在、株の利益にかかる税金は約20%になっていますが、NISA口座で取引をすると20%の税金が非課税になります。

ですが、SBIネオモバイル証券はNISAに対応していないので非課税で取引をすることが出来ません。

株で1万円の利益が出た場合

NISA:10,000円-0円(非課税)=10,000円 利益10,000円

一般口座:10,000円-2,000円(20%の税金)=8,000円 利益8,000円

どのような人にSBIネオモバイル証券が向いているのか?

ネオモバイル証券は初心者が使いやすいような制度が盛り込まれています。

一方で、投資に慣れている人からすると使いにくい点もいくつかあります

SBIネオモバイル証券のメリット

  • 少額から株を始められる
  • スマホで簡単に取引が出来る
  • ポイント投資が出来る

SBIネオモバイル証券のデメリット

  • NISAに対応していない
  • 月額制なので、長期投資には不向き
  • 中上級者は他の口座でOK

株や投資に慣れている人、資金力のある人にはネオモバイル証券は全く向いていません。

手数料が高く、単元未満株を買うメリットが無いからです

ですが、株初心者が投資の感覚をつかむには最適です

SBIネオモバイル証券は今まで全く投資経験がなく、投資のリアルな感覚を掴みたいという方に向いていると思います。

少額から始められるので、投資に対するハードルがかなり低くなります。

実際に取引をすることで、株価に一喜一憂する感覚や株式市場の空気を感じることが出来ます。

SBIネオモバイル証券に向いているのは、個別株の取引を考えている投資初心者

投資信託やインデックス投資なら大手証券会社

投資信託やインデックス投資を考えている初心者の方は大手の証券会社で十分です。

投資信託は毎月つみたてであれば、少額から始めることが出来ます。

SBIネオモバイル証券はNISAiDeCoに対応しておらず、手数料が固定制なので長期投資には向いていません。

  • 投資信託 
  • 長期投資
  • 高配当投資

これらの投資をするのであれば、本家のSBI証券楽天証券で口座開設をする方がおすすめです。

まとめ SBIネオモバイル証券は初心者向け

ポイント投資と単元未満株の投資で話題となったSBIネオモバイル証券ですが、初心者が株の感覚をつかむための利用であれば、アリだと思います。

SBI証券としても20代・30代の若い世代に投資を浸透させたいという思いがあるため、初心者向けのサービスとなっています。

個人的には積立式投資信託で感覚を掴んでいく方法もあると思いますが、個別株を買ってみたいという方にはSBIネオモバイル証券という選択肢があると思います。

月額制という点や長期投資には向いていないという点を考えると、最長で1年ほど利用して他の証券会社に乗り換えるのが最適解ではないかと思います。

SBIネオモバイル証券についてさらに詳しく知りたいという方は、『ソラマメさん』のブログがとても参考になるのでオススメです。

また、20代・大学生としてのSBIネオモバイル証券に関する私の見解がソラマメさん』のブログで紹介されていますので、あわせてご覧ください。

ABOUT ME
レン
REN お金、アウトドア、資産運用、日本酒、猫が大好きな文系大学生。 株式投資、資産運用、副業、節約術などを発信。好きなことをして人生を楽しむ方法を日々考え中。